開発者の声

「WUTEC」は、(株)呉建築事務所の呉東航代表により、開発者されました。その呉代表がどういった思いで「WUTEC」を作ったのか、推薦の言葉とともに紹介します。

1. 単純明快・ブラックボックスは一つもない

長年にわたる数多くの開発経験から考え出した「WUTEC」の形は、非常に単純明快、専門家からも、消費者からも一目瞭然です。しかし、その構造と性質は、厳密な幾何と力学理論に裏付けられ、一般の制振技術の弱点を克服し、理想的な形にまとめられています。また、これらの性質を最大限に実現するため、エネルギー吸収性能、変形追随能力、耐久性に優れた高純度アルミニウムを採用し、最も信頼性の高い製品ができました。

2. 一般材料使用による低コスト化

長年にわたる数多くの開発経験から考え出したWUTECの制振構造は地震対策として非常に有効的で、かつ経済的だと考えております。また、私は多くの開発経験から、特殊な材料や難しい仕組みだと普及は難しいと感じています。そうしたなかで、簡単な原理で一般的な材料を利用することで、低コストかつ不変的な技術を目指しました。剛性は通常の木造壁と同程度なので、建物のバランスに影響がありません。基礎補強や特殊金物などもいらず、一般の木造壁と同じ感覚で気軽に採用できます。

3. 壁倍率認定取得の安心感

国土交通大臣の壁倍率の認定も受けておりますので、品質、耐久性などの信頼性も高いものとなりました。「速度依存性」「温度依存性」「時間依存性」のないオール金属製、建築指定材料を使用し、抜群の安定性と信頼性を実現しました。

4. 良い技術である条件

効果よく、信頼性高く、コスト低く、使いやすく、美しく、持続できることなどが挙げられます。
WUTECはこれらを全て備えて、これから社会的な普遍技術になると確信しています。

呉東航(WU DongHang)

(株)呉建築事務所代表
清華大学客員教授(2013)
博士(工学)
構造設計一級建築士

Page Top

関連リンク