ホーム > WUTEC-SFの特長 > 壁倍率とは

壁倍率とは

壁倍率とは、建築基準法で定められた耐力壁の持つ強さです。

壁の剛性、降伏強度、最大強度、靭性を総合的に考慮して定められた指標であり、国土交通大臣の認定を受けなければ取得することができません。耐力壁の仕様によって数値は異なり、壁倍率5が上限値となっています。

壁倍率

1-木摺りを片面に設けた軸組 0.5倍
2-木摺りを両面に設けた軸組 1.0倍
3-15mm×90mm以上の筋かい 1.0倍
4-30mm×90mm以上の筋かい 1.5倍
5-45mm×90mm以上の筋かい 2.0倍

壁倍率の値が大きい程、しっかりした壁で耐震性能は増しますが、それだけ接合部に耐力の大きい構造金物が必要となります。

建築指定材料

建築基準法・法第37条では建築物に使用できる材料の品質が定められています。そこでは、「建築物の特定の部分に、特定の材料を使う場合は、特定の品質でなければならない」と細かく指定されているのです。

スケーリングフレームでは、速度依存性・温度依存性・時間依存性の無い建築指定材料を使用することによって、抜群の安定性と高い信頼性を実現しました。

Page Top

関連リンク