ホーム > WUTEC-SFの特長 > 施工の流れ

施工の流れ

【1】施工説明書の「部材及び数量表」と箱の中の各部材及び数量が正しいことを確認してください。

【2】WUTEC-SFを取付ける柱に基準線を記入します。基準線は、土台または横架材の内法寸法の中心位置です。

【3】基準線から各々上下方向980mmの位置に、金物基準線を記入します。

【4】端部金物の上下に注意し、金物基準線に合わせて各々上下方向に端部金物を取り付けます。同様に相対する柱にも端部金物を取り付けます。

【5】鋼製パイプAを端部金物にボルト類を用いて接続します。

【6】鋼製パイプAとアルミニウムSFを固定ピンを用いて接合します。

【7】接合後、固定ピン抜け落ち防止の為、止めねじで固定します。同様に相対する柱側にも5,6,7と同じ手順を繰り返します。

【8】鋼製パイプBとアルミニウムSFを固定ピンを用いて接合します。同様に相対する柱側にも同じ手順を繰り返します。

【9】鋼製パイプBの調整ボルトを回転させ、端部金物にボルト類を用いて接合します。同様に相対する柱側にも同じ手順を繰り返します。

【10】調整ボルトを回転させ、「ガタつき」を取去ります。

【11】調整ボルトが動かいないように、六角ナットを締めつけます。

【12】全てのボルト類を締め付け、WUTEC-SF取付け完了です。

Page Top

関連リンク